ローンの金利は

ローンを借りた際の金利や返済方法には、ローンの種類によって、いくつかの方法があります。
ローンを利用する場合の金利は、使途が明確かどうかなど、その借入の条件により違いがあります。
ただし、銀行によっては借入人のその銀行口座での取り引きの状況によって、ローン金利が優遇される場合もあります。
例えば給与振込の口座となっている、公共料金の引き落と口座となっている、さらに定期預金などの預金があるなど、です。
それでは金利について説明してみましょう。
金利は一般的に固定金利と変動金利の2種類があります。
固定金利とは、借入時の金利が、返済完了までそのまま適用されるものです。
それに対し、変動金利とは、借入時から1年や3年などの一定期間経過時に、借入時の金利に対して、プライムレート(銀行が優良企業などに貸し出す最優遇金利のこと)を基準に見直しを図り、新しい金利で返済をおこなうものです。
それでは、固定金利と変動金利では、どちらが借り入れる側にとってよいのでしょうか。
これは、非常に難しい判断になります。
それは、借入時と見直し時期との経済状況が違ってくるからです。
景気が上向きで好調の時と、景気が低迷し、デフレ状況に陥ったときなどで金利も変動してくるからです。
例えば、3年後に見直す変動金利を選択した場合、3年後の経済状況も好転せず、金利は上がることがない、と予測判断したとします。
ならば3年後は金利が下がる可能性が高いということで変動金利を選び、3年後にさらに低金利になり、毎月の返済額が減少することが期待できます。
しかし、その逆だとプライムレートが上がり、借入の金利が上昇する可能性が高いので、変動金利は避けたいところです。
このように、将来の景気の動向により、金利水準も変わってくるということです。
ですので、一概にどちらが有利ということはいえないのです。

    お奨め情報

  • 貨物運送事業を行う場合の面倒な手続きをサポートしてくれる運送業 許可代行サービスを考えているなら、運送の専門家が無料で相談にのってくれて、安心の価格で全国対応してくれるので開業を考えている方にオススメです。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 知らなきゃ損するローン All Rights Reserved.