知らなきゃ損するローン TOPローンについての情報 >ローンの目的による借り入れやその特徴

ローンの目的による借り入れやその特徴

ローンは、利用する目的がハッキリしているケースとそうでないケースがあります。
住宅ローン、自動車ローン、教育ローン、ビジネスローンなど、その借り入れの使途が明確なものは、その借り入れの目的を証明する書類(教育ローンの場合、合格通知書など)や、借入額に見合う費用の明細(自動車ローンの場合、ディーラーの見積書など)など、その使途を証明する書類の提出が必要となり、比較的提出する書類は増えてきます。
それに対し、フリーローンやカードローンなどと呼ばれる使途目的が自由なローンは、前述のような書類の提出はなく、使途が明確な借り入れと比べると、比較的簡単に借り入れができます。
但し、書類などの提出や、手続きも比較的簡単で、使途が自由ローンは、使途が限定されたローンと比べ、その分金利が高いというデメリットがあります。
一方、使途が限定されたローンは、借り入れの手続き等の煩雑さはありますが、使途が自由なローンと比較し、金利が低いという特徴があります。
一般的に使途が明確な限定されたローンは、その融資額が大きく、返済期間も長期になる傾向があります。
逆に使途目的が自由なローンは、過去の返済実績(返済期日までにちゃんと返済しているか、滞納がないか)を見たり、融資限度額を設定したりして、借入額に制限を持たせています。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 知らなきゃ損するローン All Rights Reserved.