ローンの注意点は

ローンを利用するメリットは分かりましたが、利用する際の注意点やデメリットなどはどのようなモノがあるのでしょうか。
ローンを利用する際は、融資先の審査により借り入れの有無が決定されます。
その際、お勤めの方などは、源泉徴収票や所得証明書などの提出が必要となり、借り入れされる方の返済能力があるのかなどを審査していきます。
既に、他の金融機関で借り入れがあったりした場合は、その額により、収入に見合う返済が不可能だと判断されると借り入れが不可となったりします。
また、それらの返済が滞っていたりした場合は、信用貸し付けという点から見ると、借入は難しいようです。
まずは、借入を計画する場合、その借入額がちゃんと返済できるのか、返済計画を立てることが重要です。
借入人(債務者)の収入(配偶者など、家族の収入がある場合は合算します。
)から毎月の生活に必要な金額(支出)を割り出します。
その年収から、年間の支出を差し引いた金額がプラスなら、返済能力はあるといえます。
ただし、そのプラスの金額が毎月の返済額を超えていないと借入は控えた方がよいでしょう。
実家の両親に頭金の借入をお願いしたりして、借入金の総額を減らさない限り、返済が滞ることになるのです。
このように借入の際は、無理のない返済計画をたてることが大切です。
借り過ぎ(債務超過)や使い過ぎ(支出)は禁物です。
また、借金返済のために新たな借り入れは絶対利用しないようにしましょう。
通常、住宅ローンの場合には、最低でも自己資金(頭金)は、総費用の2割以上準備することです。
さらに、「年間のローン返済額は年収の3割程度までとなっているか」を銀行などは、借入金の返済能力を見るための一つの指標として判断しています。
以上のように、自分の身の丈に合った借入をするようにしていきましょう。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 知らなきゃ損するローン All Rights Reserved.